コンテンツへスキップ

男性は、若くても薄毛に悩んでいる人が多いですよね。私には、大学生のときから10年間くらい、異性の気になる癖があります。

それは、「前髪をやたらと長く伸ばして、おでこの広さを隠す」という癖です。

やっている男性、あなたの周りにいらっしゃいませんか?

私がこの癖を初めて自覚したのは、大学2回生のとき。ちょっといいなと思っていた後輩がいました。その後輩も含めて、15人くらいで、テーマパークに遊びに行く機会がありました。その後輩が、友達といっしょに、ジェットコースターに乗って急降下してくるのを、私は地上から見上げていました。すると……「えっ!?後輩くん、どれ!?」と驚愕しました。

彼は年齢の割におでこが広く、けっこう生え際が後退していました。そのため、ジェットコースターに乗ると、彼がどの人なのかわからないくらい、人相が変わってしまっていました。ちょっといいな、と彼のことを思っていた私でしたが、地上におり立った彼のおでこを、まじまじと見つめてしまいました。しかし、おでこの広さは前髪でばっちりガードされ、全くおでこの広さを感じさせないヘアスタイルなのです。

彼のおでこをばっちり見てしまったのは、後にも先にもあのジェットコースターのときだけです。きっと彼も気にしているんだろうな……そういえば、いつも前髪でばっちりガードしています。その後の就活のときも、前髪をそれほど短めにすることもなく、乗り切っていました。前髪が伸びてきて、前髪を分ける、ということもしない彼でした。本当に堅牢に守っているのです。

それからというもの、私は、前髪でおでこをがっちりガードしている男性の、生え際の位置を推測するようになりました。そういった男性は、しきりにサイドの髪を前髪の方に持ってきて、盛っています。そういった癖が気になるようになりました。おでこが広い男性は、あえて短髪にして、おでこを見せた方が男前だと思うのですが、みなさんいかがでしょうか。外人なんて広い方が有利レベルですよ!! 外人との出会いはこちら参考  外国人と出会う方法!戦略的に国際結婚で外人がいる場所を探す婚活7選

 

私は彼氏や男友達と一緒に食事をした時に、食事のマナーがどうしても気になってしまいます。私の両親はとても厳しく、特に食事のマナーにこだわりがあったようで私はびくびくしながらいつも食事をしていました。

そのせいか人よりも食事のマナーに厳しい人間になってしまったようです。

すごく不思議なのですが同性と食事に行った時は気になりません。どうしても異性と食事をした時に気にしてしまいます。

今まで付き合ってきた彼氏や男友達と食事に行って、彼らの食事のマナーに満足したことはありません。まず箸の持ち方をチェックしてしまいます。けっこう正しい箸の持ち方をしていない男性が多くてびっくりしてしまいますね。洋食の時のナイフとフォークの使い方や、飲み物のカップの持ち方、スープの飲み方、椅子の座り方などすごく気になってしまいなかなか自分の食事に集中できずイライラしてしまいます。

男性達に食事のマナーについて教えてあげると、面倒くさい女だなとかうるさいと言われてしまうのでできるだけ我慢するようにしていますが、絶対に我慢できなくて注意をしてしまうのが、音をたてながら食事をする場合です。これだけは我慢できません。気持ち悪くて一緒に食事をすることができないんですよね。でもクチャクチャ音をたてて食べる男性が多くて本当に嫌になります。男性と食事をすることが苦手になりました。

あとは料理が口の中に入っている状態で話しかけてくる人、食事中にスマホを触って誰かとラインをしている人などは二度と食事に行きたくないなぁと思ってしまいます。自分でも食事のマナーについて異常に厳しいということはわかっているのですが、どうしても気になってしまうんです。こんなことはやめたい、相手と食事を楽しみたいと思うのですが他人と食事をすることが苦痛なんです。和食や洋食、中華料理によってマナーが微妙に違ってくるんですよね。こんなに食事のマナーについて厳しくしつけた両親を恨んでしまいそうです。

なぜ、異性の方の髪型が気になるのか

これは現在の30代半ばになる現在の彼女と出会う以前から、女性の方を見ると気になる、髪型の観察をしたりするクセがありました。
現在私自身は、40代半ばの中高年男性の1人になりますが、やはり上に姉達が2人いたといったせいもあってか、大体、高校生くらいの頃辺りから、女性の髪型を見て気にしたりするようなクセがありました。
そして、そうしたクセ自体は、現在の彼女と初めて出会った際にも、やはりありました。

気になる理由について

その理由自体としては、男性の方ならば、大抵の場合には女性の方の髪型自体は目に付く方ですので、ただそうした一般的な、男性の方なら誰もがありがちなものと言えます。
ただ、自分の場合、女性だから男性とは違うといったような見方では無くて、やはり、個々人の女性の方ならではのオリジナリティーといったものがあり、それ自体をさがしていく面白さがやはり、楽しみなところと言えます。
その点がやはり、若い10代の頃とは大して変わらないところが明らかに、私にはあります。

改善する必要も無い、大した現状では無い

基本的な理由自体が、元々一般的にも大抵の男性の方などがやはり、当たり前に思う傾向が多い内容ですので、トラブルになったり迷惑を掛けたりするような規模の、大した現状のものではありませんので、改善をしたりしていくような必要はありません。

嫌がられたりした経験について

特には今まで、この事に関しては一度もありません。
ただ、髪型そのものを私から見ていた相手の女性の方などへ褒めた言葉を投げかけて感謝をされた事が、過去に2度程度確かありました。

そしてその時の言葉も、お世辞などでは無くて丁寧に言いましたので、その2度目の方に感謝の返事を頂いた事がありました。
やはり、頭部分へ視線が行く見方ですので、意外と相手の女性の方も気が付きますので、何らかの形で必ず褒める言葉を伝えるようにしています。

男性の私が女性のつい気になる点をあげるなら、真っ先にあげたいのはファッションや美容のアピールについてです。

女性がファッションや美容に対して強いこだわりを持っているのはわかるのですが、それについてさも一大事だとばかりにアピールしてくる女性が苦手で、どうしても気にしてしまいます。

たとえば「ネイルを変えた」ということを日常会話やSNSの中でアピールされても、こちらとしては「そうなんだ」としか思わず「どうしてそれをわざわざアピールするのかな」と気になってしまいます。そして「ネイルについて褒めなければいけないのかな」「いいね!したほうが良いのかな」と、余計なことをいろいろ考えてしまうのです。

これはネイルだけに限らず、ヘアスタイルのちょっとした変化、前髪を切ったこと、ダイエットをして何キロ痩せた、新しいファッションに挑戦してみたなど、女性のファッションや美容全般に当てはまります。アピールされるごとに、私は心の中で「知らんがな」とツッコミを入れてしまいます。

よく考えたら、男性相手にそう思うことはほとんどありません。

なぜなら、男性でファッションや美容に対してわざわざ何かをアピールする人が、周りにほとんどいないからです。ですから、これは女性だけに該当することです。

以前に職場であまりにもアピールの強い女性がいて、とても疲れました。その時私がちょっと不機嫌にしたら雰囲気が悪くなってしまい、その女性からは遠ざけられるようになってしまいました。

このように、女性のファッションや美容に対するアピールを気にしてしまうのは、改善できそうにありません。なぜなら、SNSは女性のアピール合戦になっていますし、SNS以外にテレビやラジオなどでも女性はそういう一面を見せることが多いからです。いちいち気にすることなく流すか褒めればそれで解決する話なのかもしれせんが、そう割り切ることがなかなかできないです。

基本的に肌が綺麗な男性が好きで、色が白くて髭の薄いタイプが好みです。

ただ、その反面で毛穴から出る角栓が好きだという変なところもあり、どんな男性でも真っ先に鼻の毛穴が気になってしまいます。

もちろん角栓などなくて、引き締まった毛穴の綺麗なお肌が好きなのですが、毛穴を押してにゅるッと出る角栓もまたたまらなく好きなのです。
自分でも変だとは思いますが、ネットなどの動画でも角栓を除去するシーンにはついつい心を奪われてしまいます。

どれだけイケメンと言われる男性でも、ところで鼻の毛穴はどうなっているのかな?とついチェックをしてしまうのです。
本当は自分の毛穴から角栓が出ればわざわざ男性の毛穴など見ないと思うのですが、私自身は非常に乾燥肌なので毛穴の開きは年相応にはあるものの、にゅるっと出るような角栓はないのです。

思春期でも全くニキビができない体質だったので、自分の肌では叶わず、つい男性の黒い毛穴をチェックしたくなります。

以前お付き合いしていた男性が割とオイリー肌で、定期的に角栓が詰まる人だったので、会う度に見て溜まっているのを確認したら、角栓を押させてもらいました。

私は凄く楽しくて快感だったのですが、彼は嫌だったようで会う度にまず鼻を見られるのが不快だったようです。
たまにバスや電車を利用した時も、男性の顔が近いとイケメンかどうかではなく、鼻の毛穴はどう?と確認してしまう自分が居ます。
変な癖だと思うのですが気になって気になって仕方ないのでやめられません。
流石に知らない男性の毛穴を押し出すわけにはいかないので、今は夫の鼻の角栓を押して楽しんでいます。
ただ、夫はそこまでたっぷり溜まるタイプではないので内心は物足りず、たまに街で見かけた角栓がぎっしり詰まっている男性を見かけると、居ても立っても居られないような気持ちになるのです。

大人ニキビに関する情報はこちら参考

こちらの製薬会社も参考 https://www.mayado.jp/library/acne/5causes-and-solution.html

一人で外食をした時や気心が知れた両親と外食をした時であれば、食事が運ばれた際にスマホで食前に写真を撮影するのは気にならないのですが、初対面の人や同僚や友人や恋人と外食をした際に一声かけず、スマホでいきなり写真を撮影する人とは食事をしたくないと感じます。

一人で外食をした時は誰にも迷惑をかけていないし、家族と外食をした時は気心が知れる身内なだけに、またかと思って気にならないけれど、それ以外の関係の人との食事であれば、時間をこちらが割いていたり、同じ時間を共有して楽しもうとしている状態なので、そちらを優先させずに自分本位で食事を楽しもうとしていないなあと感じてしまいます。ちょっと食べる前に撮っていいかと一声あれば、気遣いを感じるので許せますが、そうでないなら2度目の食事は誘わないです。

写真を撮影する場合でも、ササっと撮影して食事を始めるのであればいいけれど、写真の見栄えや角度を気にして、撮影に時間をかける人はイライラします。

スマホを渡され、写真撮影を依頼されると最悪です。

 

また、食事だけを撮影するのであればいいけれど、自分と共に食事中に自撮りをする人は、早く食べろよと思ってしまいます。

食事は運ばれた瞬間が最も美味しい食べ頃なのに、作った人やタイミングよく運んだ人の気持ちを無視して、冷めてしまう、ぬるくなってしまう、味が落ちてしまうなどの状態になれば、相手にも食べ物にも失礼だと感じます。食事の感想を語り合いたい、食事の味や美味しさを会話をしながら楽しみたいという気持ちが一瞬にして失せるし、食事の楽しい雰囲気を壊します。百歩譲って芸能人のように有名な方であれば、閲覧数が多いぶん写真を撮影したい気持ちもわかるので許せますが、一般人の身内があれこれ気にしながら撮影しているのを見れば、素人の投稿をどんだけ多くの人が見るんだよと思ってしまいます。

私は男性の食べ方が気になります。なぜなら食事中の仕草にはその人の育ちや価値観が無意識に出てくると考えているからです。箸やお茶碗の持ち方、咀嚼の仕方など、無意識にチェックしてしまいます。ですが、そこまで私自身も完璧でも潔癖でもありません。私は完璧なマナーを求めているのではなく、一般常識と食物に対する感謝の心を持っていてほしいのです。一般常識と食物に対する感謝の心があればやたらと食べ残しをしたり、小汚ない食べ方をしないと思うのです。

そして、特に気になるのが、食べ終わった時です。

お茶碗の中のお米を残していないか、どうかです。お腹が一杯で食べ切れなかった食べ残し、という意味ではありません。お茶碗の内側に貼り付いた米粒をちゃんときれいに食べたかどうか、です。たまにお茶碗に米粒を10粒くらい点々と貼り付けてごちそうさまをする人がいますが、え?あと10粒をなぜ食べないの?と疑問に思ってしまいます。米粒を残すと目が潰れる(米粒が目の形に似ているから)と聞いたことがあります。もちろん迷信でしょうが、いわゆる食べ物を粗末にしてはいけませんよ、ということなのだと思います。

体調不良などの理由で食べ残してしまったのならもう仕方がないと思います。お腹が一杯で食べきれなかった、というのもわからなくありません。ですが、なぜあと10粒ほどを食べないのか?なぜお茶碗に米粒を貼り付けていて平気なのか?それが不思議でなりません。また、茶碗に米粒がついたままだと、食器を洗っている時にやっかいなのです。その米粒がスポンジに貼り付くのが不快ですし、米粒が潰れると食器にべっとりとこびりついて難儀します。

なぜ、あとほんのちょっとを食べられないのか。

 

視界に入っていないのか。理解できません。私はそのような人を見ると今までとてもとても恵まれて育ったのかな、食べ物で苦労したことがないのかな、と思ってしまいます。私も食べ物で苦労したことはありませんが、作ってくれる人がいるからこそ食べることができるということを考えて食べるています。食物は命です。命をいただくという意味でちゃんときれいに最後までいただくというのが食物に対する最低限の礼儀です。だから、茶碗に貼り付いた米粒を食べきらない男性は最低限の礼儀を持っていない、教わらなかったのかな、親御さんは教えなかったのかな…と思ってしまいます。そのような男性とは価値観がちょっと合わないかもしれません。

大した事ではないのに、どうしても気になる事ってありませんか。

友達の紹介で会った彼も、そんなひっかかりがある人でした。
その人とは年が離れていましが、お菓子作りという共通の趣味があった為、6歳の年の差が気にならない程話しが合いました。

性格は穏やかで優しく、多趣味で博識。
おまけに高学歴で高収入。
その人は、私には勿体無いくらい素敵な人でした。

それなのに、どうしても気になる…その人のくしゃみ。

初めて聞いた時からからひっかかって仕方がありませんでした。
突然大きな声で「ッハー!!」
今まで聞いたことのない、一本調子のくしゃみ。そのくしゃみを聞いた時から、理屈では無く生理的に違和感を持ってしまいました。

大した事じゃない。
そう自分に言い聞かせても、一度気になり始めると、くしゃみばかりが彼の印象になってしまう。彼がくしゃみをするたびに、イラっとする自分がどんどん大きくなり、楽しさも半減していきました。結局彼とは5回目のデートでお別れする事になりました。

勿体無いことをしてしまったかも…
そんな気持ちから周囲に相談すると、独身の方が批判的で、既婚者の方が理解を示してくれました。

それくらい目をつぶりなさい、と自分でも言い聞かせていた事を指摘されると、後悔が押し寄せてきました。

そんな私の気持ちを浮上させてくれたのは、友人のこの一言。
生理現象の相性は絶対大事。指摘しにくいし、直せないからね。
この言葉は、私の中のモヤモヤをスッキリと晴らしてくれました。
まさにそう!!︎と得心がいきました。くしゃみは直せない。
それがずっと気になるということは、その人のこともそれほど好きではなかったのでしょう。

この経験から私の中では、付き合う相手のくしゃみが気になるかどうかは、相手を本当に好きかどうかを判断する1つのバロメーターとして利用しています。

ついつい異性の部分だったり、仕草だったり意識していないのに目が行ってしまうことは誰にでもあります。

ここでは知られているけど意外と共感されることが少ないとある部分に関して語ろうと思います。

それは""うなじ""です。

特に普段は髪で隠れている女性がポニーテールにしたり、後ろ髪を持ち上げたりしたときに見えるとドキドキしてしまいます。(笑)

ここ数年考えていることがあります。なぜ”うなじ”なのか?
普段見えていないから気になるのか?

具体的に”うなじ”どこがいいの?と聞かれると「ん~」と言葉を詰まらせ、なんと表現したらいいか、なにを基準にキレイなのか言葉に表しづらい・・・大体の人はそうであると思っています。

ある時は、うなじではなくポニーテールが好きなだけではないのか?後ろ髪を持ち上げる仕草が好きなんではないか?と考えることもあり気にし始めるときりがない。(笑)

こう思っているのは少なからず私だけではないと思っています。

ただ、男性になくて女性にはあるから、そこに魅力を感じるというのは至極単純で誰でも理解できるものではありますが。男性にもあり、女性にもあるものでなぜ男性のうなじには反応せず、女性のうなじには反応してしまうのか、私は今でもふと考えています。

あと、似たような仕草になってはしまいますがお風呂上りに
ドライヤーで髪を乾かしている後ろ姿にもつい目が行ってしまいます。

恋人であったり、映画のワンシーンであったりとテレビを見ていると「いや、見たことはない!」なんていう人はいないと思います。
かなりドキドキしてしまいますよね!

こういう風に男性に考えさせれる女性という生物はなんと卑怯で魅力的なのだろうと常々に考えさせられます。
そして、こういう無限ループのような考えをしている、無駄のような時間の過ごし方も個人的には好きである。

1

 

私は、食事の時に相手の性格、育ちの良さすべてが発見出来ると思っています。

その為テーブルマナーにはとても敏感だと感じます。

今までに出逢った男性で多かったのが、箸の持ち方がお子様みたいな人です。外国人の人でもあなたより上手に食べられるんじゃない?と言いたくなる様なクリエイティブな持ち方をしていました。一緒にレストランに入って周囲の方に見られたらとにかく恥ずかしいので、食事は常に私の家で食べていました。美しい箸の持ち方、美しい食事の食べ方など美しさを大切にする日本の食文化を台無しにする方は本当に無理だなと思います。

また、さらに酷かった人は食べるときに口を開けながらくちゃくちゃと音を立てて食べていました。

その時は出逢って初めてのデートでランチをご一緒しました。好意を寄せている男性、しかも顔もイケメンでかなりタイプでした。それなのにその顔がブサイクにすら見えてくる程の食べ方の汚さにガッカリしました。そもそも食事中は口に食べ物が入っている間は話さないのが普通だと思います。ベラベラと話されると口の中の食べ物が丸見え、それに加えあの気持ち悪い音が聞こえます。今、この瞬間も思い出すと寒気がします。

あとは、勝手に私の頼んだ料理を断りもなくつまみ食いする人もいました。女子同士は気を使い合うので必ず承諾を得てからシェアします。ですが、男性はどういう訳か彼女であれば何でも断り無くシェア出来るみたいな認識がある気がします。あなたが食べたいと思った料理は目の前にある、そして私が食べたいものは私の目の前に。頼むからこの領域を守ってくれ!と心の中で叫んでいました。ですがそんな事届くはずもありませんね。とにかく不平不満がある時にはしっかりと相手に伝えることが大切だと思いました。そしてこの経験から今ではちゃんと言葉を選びながら相手には伝える様になりました。