コンテンツへスキップ

いい人なのに気になる…生理現象は重要

大した事ではないのに、どうしても気になる事ってありませんか。

友達の紹介で会った彼も、そんなひっかかりがある人でした。
その人とは年が離れていましが、お菓子作りという共通の趣味があった為、6歳の年の差が気にならない程話しが合いました。

性格は穏やかで優しく、多趣味で博識。
おまけに高学歴で高収入。
その人は、私には勿体無いくらい素敵な人でした。

それなのに、どうしても気になる…その人のくしゃみ。

初めて聞いた時からからひっかかって仕方がありませんでした。
突然大きな声で「ッハー!!」
今まで聞いたことのない、一本調子のくしゃみ。そのくしゃみを聞いた時から、理屈では無く生理的に違和感を持ってしまいました。

大した事じゃない。
そう自分に言い聞かせても、一度気になり始めると、くしゃみばかりが彼の印象になってしまう。彼がくしゃみをするたびに、イラっとする自分がどんどん大きくなり、楽しさも半減していきました。結局彼とは5回目のデートでお別れする事になりました。

勿体無いことをしてしまったかも…
そんな気持ちから周囲に相談すると、独身の方が批判的で、既婚者の方が理解を示してくれました。

それくらい目をつぶりなさい、と自分でも言い聞かせていた事を指摘されると、後悔が押し寄せてきました。

そんな私の気持ちを浮上させてくれたのは、友人のこの一言。
生理現象の相性は絶対大事。指摘しにくいし、直せないからね。
この言葉は、私の中のモヤモヤをスッキリと晴らしてくれました。
まさにそう!!︎と得心がいきました。くしゃみは直せない。
それがずっと気になるということは、その人のこともそれほど好きではなかったのでしょう。

この経験から私の中では、付き合う相手のくしゃみが気になるかどうかは、相手を本当に好きかどうかを判断する1つのバロメーターとして利用しています。