コンテンツへスキップ

お茶碗の内側に貼り付いた米粒をひとつ残らずきれいに食べる?食べない?気になります!

私は男性の食べ方が気になります。なぜなら食事中の仕草にはその人の育ちや価値観が無意識に出てくると考えているからです。箸やお茶碗の持ち方、咀嚼の仕方など、無意識にチェックしてしまいます。ですが、そこまで私自身も完璧でも潔癖でもありません。私は完璧なマナーを求めているのではなく、一般常識と食物に対する感謝の心を持っていてほしいのです。一般常識と食物に対する感謝の心があればやたらと食べ残しをしたり、小汚ない食べ方をしないと思うのです。

そして、特に気になるのが、食べ終わった時です。

お茶碗の中のお米を残していないか、どうかです。お腹が一杯で食べ切れなかった食べ残し、という意味ではありません。お茶碗の内側に貼り付いた米粒をちゃんときれいに食べたかどうか、です。たまにお茶碗に米粒を10粒くらい点々と貼り付けてごちそうさまをする人がいますが、え?あと10粒をなぜ食べないの?と疑問に思ってしまいます。米粒を残すと目が潰れる(米粒が目の形に似ているから)と聞いたことがあります。もちろん迷信でしょうが、いわゆる食べ物を粗末にしてはいけませんよ、ということなのだと思います。

体調不良などの理由で食べ残してしまったのならもう仕方がないと思います。お腹が一杯で食べきれなかった、というのもわからなくありません。ですが、なぜあと10粒ほどを食べないのか?なぜお茶碗に米粒を貼り付けていて平気なのか?それが不思議でなりません。また、茶碗に米粒がついたままだと、食器を洗っている時にやっかいなのです。その米粒がスポンジに貼り付くのが不快ですし、米粒が潰れると食器にべっとりとこびりついて難儀します。

なぜ、あとほんのちょっとを食べられないのか。

 

視界に入っていないのか。理解できません。私はそのような人を見ると今までとてもとても恵まれて育ったのかな、食べ物で苦労したことがないのかな、と思ってしまいます。私も食べ物で苦労したことはありませんが、作ってくれる人がいるからこそ食べることができるということを考えて食べるています。食物は命です。命をいただくという意味でちゃんときれいに最後までいただくというのが食物に対する最低限の礼儀です。だから、茶碗に貼り付いた米粒を食べきらない男性は最低限の礼儀を持っていない、教わらなかったのかな、親御さんは教えなかったのかな…と思ってしまいます。そのような男性とは価値観がちょっと合わないかもしれません。