コンテンツへスキップ

女性のファッションや美容のアピールが気になってしまう

男性の私が女性のつい気になる点をあげるなら、真っ先にあげたいのはファッションや美容のアピールについてです。

女性がファッションや美容に対して強いこだわりを持っているのはわかるのですが、それについてさも一大事だとばかりにアピールしてくる女性が苦手で、どうしても気にしてしまいます。

たとえば「ネイルを変えた」ということを日常会話やSNSの中でアピールされても、こちらとしては「そうなんだ」としか思わず「どうしてそれをわざわざアピールするのかな」と気になってしまいます。そして「ネイルについて褒めなければいけないのかな」「いいね!したほうが良いのかな」と、余計なことをいろいろ考えてしまうのです。

これはネイルだけに限らず、ヘアスタイルのちょっとした変化、前髪を切ったこと、ダイエットをして何キロ痩せた、新しいファッションに挑戦してみたなど、女性のファッションや美容全般に当てはまります。アピールされるごとに、私は心の中で「知らんがな」とツッコミを入れてしまいます。

よく考えたら、男性相手にそう思うことはほとんどありません。

なぜなら、男性でファッションや美容に対してわざわざ何かをアピールする人が、周りにほとんどいないからです。ですから、これは女性だけに該当することです。

以前に職場であまりにもアピールの強い女性がいて、とても疲れました。その時私がちょっと不機嫌にしたら雰囲気が悪くなってしまい、その女性からは遠ざけられるようになってしまいました。

このように、女性のファッションや美容に対するアピールを気にしてしまうのは、改善できそうにありません。なぜなら、SNSは女性のアピール合戦になっていますし、SNS以外にテレビやラジオなどでも女性はそういう一面を見せることが多いからです。いちいち気にすることなく流すか褒めればそれで解決する話なのかもしれせんが、そう割り切ることがなかなかできないです。