コンテンツへスキップ

気分が悪くなる食事のマナー

 

私は、食事の時に相手の性格、育ちの良さすべてが発見出来ると思っています。

その為テーブルマナーにはとても敏感だと感じます。

今までに出逢った男性で多かったのが、箸の持ち方がお子様みたいな人です。外国人の人でもあなたより上手に食べられるんじゃない?と言いたくなる様なクリエイティブな持ち方をしていました。一緒にレストランに入って周囲の方に見られたらとにかく恥ずかしいので、食事は常に私の家で食べていました。美しい箸の持ち方、美しい食事の食べ方など美しさを大切にする日本の食文化を台無しにする方は本当に無理だなと思います。

また、さらに酷かった人は食べるときに口を開けながらくちゃくちゃと音を立てて食べていました。

その時は出逢って初めてのデートでランチをご一緒しました。好意を寄せている男性、しかも顔もイケメンでかなりタイプでした。それなのにその顔がブサイクにすら見えてくる程の食べ方の汚さにガッカリしました。そもそも食事中は口に食べ物が入っている間は話さないのが普通だと思います。ベラベラと話されると口の中の食べ物が丸見え、それに加えあの気持ち悪い音が聞こえます。今、この瞬間も思い出すと寒気がします。

あとは、勝手に私の頼んだ料理を断りもなくつまみ食いする人もいました。女子同士は気を使い合うので必ず承諾を得てからシェアします。ですが、男性はどういう訳か彼女であれば何でも断り無くシェア出来るみたいな認識がある気がします。あなたが食べたいと思った料理は目の前にある、そして私が食べたいものは私の目の前に。頼むからこの領域を守ってくれ!と心の中で叫んでいました。ですがそんな事届くはずもありませんね。とにかく不平不満がある時にはしっかりと相手に伝えることが大切だと思いました。そしてこの経験から今ではちゃんと言葉を選びながら相手には伝える様になりました。

1 thought on “気分が悪くなる食事のマナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です